今ドキッ!☆ちゃんねる

今ドキッ!☆ちゃんねるは,芸能人の噂や世間で話題の事件など、今が旬のドキッ!とするニュースやネタをまとめています!

    カテゴリ: ゲーム・アニメ・漫画



    (出典 3.bp.blogspot.com)


    頑張って欲しいですね・・・

    1 みつを ★ :2019/10/02(水) 22:39:59.79 ID:MNJi68VW9.net

    https://www.oricon.co.jp/news/2145745/full/

    ニャンちゅう役声優・津久井教生、難病ALSを公表「出来る限り前に進む」

    2019-10-02 22:32

    声優・津久井教生、難病ALSを公表


     NHK Eテレのキャラクター・ニャンちゅうの声を務める声優・津久井教生(58)が1日、自身のブログを更新。難病である「筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)・ALS」と診断されと診断されたことを公表した。

    【写真】この記事の写真を見る(全1枚)

     ブログでは「皆さまにご報告があります」として「4週間における検査と検査治療入院の結果、『筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)・ALS』と診断されました」と報告。

     「症状も個人差が激しく、かなりきつい病気ですが… なんと今のところ『声』だけは無事の状態でいます」と明かし、「事務所と話を重ねて、家族の力も借りて『出来る限り前に進む』感じで歩き出すことにしました」と決意を語った。

     現在は、「自力で歩くことが難しく、ダブル杖と車椅子での移動となっていますが、それ以外は結構元気です」として、「神様が色々なものを残して下さったので、そこを大事にしながら、そして治療法が無いのであれば、ドクター・理学療法・作業療法の方たちと活路を見つける勢いで進んでいけたらと思っています」と展望。

     また、「病名が見えてきて、さんざんSNS等で書いていた『名無しのごんべぇの病気』のストレスから解放されて、気持ちよく前に進もうと思っています!」と前向きにつづっている。


    【【衝撃】Eテレのニャンちゅう役声優・津久井教生さん(58)、難病ALSを公表】の続きを読む



    (出典 nijiiro-biyori.com)


    おめでとうございます!

    1 ひかり ★ :2019/09/26(木) 22:47:22.30 ID:CAP_USER.net

    声優の原由実が一般の会社員と結婚したことを、自身のブログにて報告した。

    アニメ「オーバーロード」のアルベド役、「アイドルマスター」シリーズの四条貴音役などで知られる原。ブログでは「そういったことにご縁が薄いタイプだったので、
    親やお友達などから心配をされることも多かったのですが、無事に結婚することができて嬉しいです」と心境を綴り、「しっかりお互いをサポートし、
    原家のように笑いの絶えない仲良しな家庭を築いていけるよう頑張ります!!」「そしてお仕事も変わらず頑張って参りたいと思います」と抱負を述べている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00000149-nataliec-ent

    (出典 pbs.twimg.com)


    【【祝】声優:原由実、一般人と結婚報告!!!!!】の続きを読む



    (出典 1.bp.blogspot.com)


    厳しい意見が多いですね・・・

    1 Ikh ★ :2019/09/08(日) 07:59:01.15

    「私は在日3世」。彼女は手を震わせながら、渋谷で聴衆の前に立った。
    9/7(土) 19:30配信

    「嫌韓」をめぐる一連の報道を受けて、朝鮮半島をルーツとする人々への差別反対と共生を呼びかける「日韓連帯アクション0907 」が9月7日、東京・渋谷で開かれた。有志がネット上で告知して開催。参加者がリレー形式でマイクを持ち、聴衆に思いを訴えた。その中には、在日コリアン3世だと語る女性がいた。彼女が手を震わせながら語った言葉とは。【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】

    「日韓連帯アクション0907」は、沖縄県における米軍普天間基地の名護市辺野古移設に伴う埋め立ての是非を問う県民投票の実現にこぎつけた大学院生の元山仁士郎さん(27)ら5人ほどが開いた。

    きっかけは、9月2日発売の小学館『週刊ポスト』(9月13日号)が「韓国なんて要らない」と題した特集を掲載したこと。さらに、TBS・CBC系の情報番組「ゴゴスマ~GoGo Smile(以下・ゴゴスマ)」において、出演者が「日本男子も韓国女性が入ってきたら暴行しにゃいかないからね」と発言したことなどだった。

    ●呼びかけ文に書かれた思い

    元山さんがTwitterに投稿したアクションの呼びかけ文には、こう記されていた。

    “メディアだけではありません。SNS上で、居酒屋で立ち話で、差別意識が私たちの日常会話の中に以前にも増して浸透し始めていると感じます。

    当然、こうした状況を受けて朝鮮半島から旅行で訪れる人の数は減っています。そして、日本で暮らす朝鮮半島をルーツに持つ人々は日常のあらゆる場面において、これまで以上に不安を抱えながら生活をしています。

    確かに、今の日韓の政治的関係は難しい状況にあります。でも、だからといって韓国・朝鮮半島をルーツに持つ人々に対する差別が許される訳ではありません。“

    “差別によって一人一人の存在が脅かされるような社会を望んでいないという気持ちを日本で暮らす人たちへ、そして韓国で暮らす人たちへ示したいと思います。今その気持ちを表明することが大事だと感じます。

    私たちは差別のある社会を望んでいない、私たちは一緒に生きていくという思いを持っているということを社会に対して示すために集まりませんか?“

    ● 在日コリアン3世の女性が投げかけたこと

    この思いに共感した人たちが渋谷に集まった。

    時間は約1時間。元山さんら呼びかけ人が、聴衆の前で話したいと名乗り出る参加者にマイクを渡し、話してもらう形をとった。

    何人かの参加者が話し終わると、横浜市の在日コリアン3世だと名乗る女性(37)がマイクを握り、話し始めた。

    「私は在日3世で、こうやって顔を出すのはできればやめたい。でも、そうは言っていられない。私は日本生まれ、日本育ちで、日本の学校に行ったので韓国語はしゃべれません。『なので韓国に帰れ』と言われても、帰れません」

    「『国から出て行け』とか『帰れ』とか言われても、私は一ミリも傷つきません。嫌がらせをしようと思って言ってくるんだと思うんですが、言われ慣れているので」

    マイクを必死で握る両手は、小刻みに震えていた。勇気を振り絞って話をしているのがわかった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190907-00010004-bfj-soci&p=2

    関連
    【社会】日本の市民が渋谷で抗議「私達は生きるか死ぬかの瀬戸際。在日は明日殺されるかもしれない。マスコミは嫌韓煽りをやめて」★2
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1567858569/
    【韓国紙】「韓国と共に生きよう」「日本人は、韓国に酷いことをした事と向き合おう」日本市民が渋谷で嫌韓に対抗[9/7]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1567867710/
    【話題】差別反対集会に参加の在日3世「周りから『韓国は危ない』と言われても『そうは思わない』とちゃんと言ってほしい」[9/7]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1567858317/
    ★コピペ予防★

    ★6
    【社会】在日コリアンが手を震わせ訴え「私は日本生まれで韓国語はしゃべれない。『韓国に帰れ』と言われても帰れません」★6[9/7]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1567886750/


    【【驚愕】在日3世女性、手を震わせ訴える】の続きを読む



    (出典 1.bp.blogspot.com)


    弾圧はいけませんね・・・

    【【中国】ウイグル人弾圧を描いたマンガがヤバい!!】の続きを読む



    (出典 prtimes.jp)


    終わり方が気になりますね

    1 あかさちゃん ★ :2019/08/23(金) 03:39:38.94 ID:sqbMXSpB9.net

     36年もの間連載している弘兼憲史著「島耕作」シリーズが、ついに「相談役編」に突入したと話題だ。

     課長、部長、取締役、常務、専務、社長、会長ときて、ついに相談役に……何となく「隠居」感のある雰囲気だが、日本のサラリーマン経営者の流れとしてはリアリティがあるといったところか。一応ファンタジー作品ではないので「島耕作が不死身」という設定はできない。当然どんどん年老いるし、いつかは死ぬ。いつまでもバリバリの現役とはいかないだろう。

     ただ、そういう作品のほうがある意味「楽」なのかもしれない。中には「終わらせ方がわからない人気作品」も数多くある。

     その代表格が海賊冒険漫画「ONE PIECE」(集英社)だ。以前と比較してあからさまに「間延び」している印象があり、「ビッグマム編」と「ワノ国編」だけで何年もかかる上、まだまだ回収がまったくできていない伏線の数々……作者の尾田栄一郎が生きている間に終わるのか、という話もあるし「内容が停滞してきた」という見方もある。

     またボクシング巨編「はじめの一歩」(講談社)もこの類だろう。「いつ幕の内一歩は世界チャンピオンになるのか」と楽しみにしていたファンは多くいたはずだが、いつまでも日本チャンピオンのまま、ようやく世界ランク上位者と戦ったと思ったら完敗し、復帰戦も敗れて「パンチドランカー症状」疑惑で引退。実際症状が出ていない説もあり、復帰するのかしないのかでもう2年ほど経過している。すでに125巻。世界を制するのは200巻くらいだろうか。

     こうした超がつく人気マンガは、出版社が連載を終わらせたくないという意図も働いてか、とにかく「迂回」する印象が強い。人気作の宿命といえばそうだが、年齢を重ねてステップアップして枯れる『島耕作』のほうが、一応読者としての納得感は高そうだ。面白いかは別として。

    https://entamega.com/22058

    ★1:2019/08/23(金) 01:18:58.70
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1566490738/


    【【悲報】漫画『島耕作』、ついに相談役になるwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ